Skip to content

そういえば、Archie Cavanaughさんから(また)メールが届いた

by コダ on 2011.01.22.

Archie-Cavanaugh-Alaska-Jazz

AOR、ブルーアイドソウル、レアグルーヴらへんのレア名盤として名高い「Black and White Raven」の作者である Archie James Cavanaugh さんが、2008年、28年ぶりとなるまさかの2ndアルバム「Love Birds」を発表したことは記憶に新しいですが、もちろんみんな知ってるんですよね?知ってるに決まってるので話を続けますね。

そのアーチーさんが、またしてもまさかの3rdアルバム(!)「Alaska Jazz」を発表したようでして、オフィシャルサイトから全曲試聴ができるようになっています。

僕はオリジナル盤、つまりレコードの「Black and White Raven」は持ってないんですけど(高すぎて買えない)、前述の2ndアルバムは当時その界隈の人たちの間でけっこう話題になったので、オフィシャルサイトから買ったんですよ。

そしたらなんと!アーチーさんご本人直筆による「thanx, koda!」という付箋の貼られたCDが海外から送られてきたんです。「うわーなんかこういうのアガるわー!」と思ったわけですが、こないだ「ハッピーニューイヤー!! 月曜日に新作のラジオ・インタビューをやったよ」という衝撃的なメールがいきなり届いたり、今朝も「ヘロー!! 僕らの新作CDをチェックしてね」というメールが届いたり、

なんだか真面目!

アーチーさん真面目!

と、僕の中でアーチーさんの好感度はうなぎのぼり続けておるのです。

ちなみにそのメール、おそらく前作CDを買った人に向けて一斉配送してるんだと思うんですが、全員に To で配信するというものすごい情報漏洩っぷりなんですが、アーチーさんはきっとすごくいい人なので僕はぜんぜん気にしません。そして、同じメールが届いている他の人たちもきっとすごくいい人たちなのでたぶん大丈夫です。だからアーチーさんも安心してください(何様)

で、「Alaska Jazz」を試聴してみた感想としては、陽だまりのようなギターが心地よいM01「Our Romance」とか、男女混合ヴォーカルのM03「Just A Little Bit」とか、Style Council「My Ever Changing Moods」からの~?Bikeride「Erik & Angie」からの~?みたいなイントロのM05「I’m So Excited」とか、そこらへんが好きだなーと思いました。あとはM09とかM10とか。個人的には2ndより好きかもしんない。しかしアーチーさん、たぶんもう50~60歳ぐらいなんだと思うんだけど若々しくていい声してるよねえ。

ということで、今回もアーチーさんからの付箋を期待しつつ、オフィシャルサイトから購入しようと思います。そして気が向いたら、真面目なアーチーさんにたどたどしい英語で感想とか送ってみたりしたい。

アーチーさん作品の全曲試聴はこちらからどうぞ

でも、演奏の荒々しさとか疾走感とか、やっぱり「Make Me Believe」は最高にかっこいいすなー。

関連記事


Categories: 音楽

Comments: 2
  1. latimore (p)

    まじっすか!それはテンションあがりますな!やばい!!私も購入しちゃいます!make me believeとか大好きです!

  2. コダ (p)

    おおっ、まさか「Black and White Raven」持ってるんですか?いいなー。
    僕もいつか(5000円ぐらいとかになったら)オリジナルで買いたいので
    昨年だったかに7インチで再発されたときも余裕でスルーしました。
    ぜひ購入しちゃってくだせえ~

コメント投稿

ご注意: 「Name」「Email」は必須項目です (メールアドレスは公開されません)

コメントのRSS