Skip to content
Tags

「私の名前は、キラキラネームです。」を読んで思ったこと

by コダ on 2012.06.07.

ぜんぜん楽しい話じゃなくてたいへん恐縮なんですけど、職場で仕事をサボりながら何気なく読んで、ものすごくショックというか衝撃を受けたので。

事の真偽とか、ここでは公表されていないこの子の本名が一般的にどうなのかとかは別にどうでも良いんですけど、こういった状況に置かれた高校2年生の女の子が、こういったことで毎日悩んで、もはや悩むことすら日常になってしまっている、ということがあり得るのだと思うと、何だかもうやるせない気持ちになってしまった。

いわゆる「DQNネーム(最近は「キラキラネーム」って言うんですか?よく知らないけど)」って、ネットやテレビで話題になるたびに「ひでえ親だな、ちょっと考えればわかるだろうよ」ぐらいにしか思ってなくて、この相談内容を読んだときも最初はそういう感想だったんですけど、問題の本質はもっと別の、ひょっとしたらもっと解決の難しい部分なのではないかなーと思った。

察するに、この子のご両親ってたぶん、まあ思考が浅はかだったり稚拙だったり独特だったり一般的でないという可能性はほとんど否めないにせよ、きっとこの子を授かったときは本気で悩んで(結果的には他人にDQNネーム呼ばわりされるであろう名前を)命名し(てしまっ)たんだろうし、今日までこの子を真面目に育ててこられたと思うんですよね。でなきゃ、こんなに冷静な文章を書ける立派な人間には育たないと思うのです。

ただこの文面を読むと、小さいころからずっと漠然と悩み続けて、でも親の気持ちを考えるとなかなか言い出せなくて、ようやく自分の気持ちを言った実の子に対して「一生懸命つけた名前だから」「謝りなさい」というオトナの論理(といっても稚拙極まりないとは思うけど)で済ませようとするのは、やはり決定的に間違っているのではないかなーと思う。この部分だけは、何度読んでも「子どもの気持ちをほんの少しでも考えた発言」とは到底思えません。

極端な話、「うんこ」っていう名前だろうと「ゆりこ」っていう名前だろうと、自分の子どもがそれに全く納得してないと言っているのなら、親としては「君のことを本当に想って命名したんだ」ということを本人が納得するまできちんと説明して然るべきなのではないかなあ・・・なーんて傍から見ていたらマトモぶったことを言えるんですけど、いざ当事者になるとこういうことってなかなか気づけないのかもしれないなあ、とも思うので、これはやっぱり簡単なことではないような気がします。まあ「うんこ」はさすがにどう考えてもアレですけど。

 

かく言う僕も、この文章は自戒の念を込めて書いています。

僕にはいま2歳半になる娘がいますが、僕は彼女の名前に「偲」という漢字を入れたいと思っていたことがあるんです。

「偲」という文字。一般的にまず浮かんでくるのはきっと、「故人を偲ぶ」です。でも、「人を思う」と書いて「偲」です。「物を美しいと思う」という意味もあるそうです。そう考えると、べつだん悪い文字とは思えません。むしろ素敵だとすら思えます。いいじゃんいいじゃん、ふつうの人はなかなかつけない漢字だろうし。その時はそういう風に思ってました。

奥さんに相談したら「う~ん・・・」と言われ、納得ができず自分の両親に相談したらやっぱり「う~ん・・・」と言われ、それでも納得ができず「偲 命名」でググったら、肯定的な意見もあったものの、「DQNネーム」として紹介されているページも見つけました。しかし、それでも心の中では「いい字だと思うけどなあ・・・」と思っていました。

けっきょく、最終的には客観的に判断して、「偲」という漢字は使いませんでした。

この漢字自体には今でも個人的に良いイメージがありますが、今回この高校生の相談を読んで、自分の子どもにも少なからずこういう悲しい思いをさせる可能性があったかもしれないと思うと正直ゾッとします。使わなくてよかった。

とは言え、今の名前を嫌がる可能性がまったくないかと言えばそんなことはないんですけど、少なくとも理由を聞かれれば納得してくれるまで説明したいと思うし、そうしなくてはいけないことなのだと、これを読んで痛感しました。

形はどうあれ、この子の「問題」が真に解決することを心から願います。

関連記事


Comments: 2
  1. リック (p)

    私も自分のブログで意見を書きました。ただ、実際の名前が分からないので
    批評のしようがない。というような内容で。すると親切な方が教えて下さいました。人魚姫(ディズニー)のアリエルを漢字にしたものらしいです。

    暴走族の当て字のようなものを想像しましたが、泡のお姫様と書くようで、日本の殿方ならたいていが理解できる某特殊浴場の従業員を指す隠語ではありませんか。

    お母様は女性ゆえ知らなくても仕方ありませんが、お父様も生真面目な方だったのでしょう。

    ↑ こういう問題ではありませんよね(^^;

  2. あ、そうなんですね。
    それが果たして親切なのか、そもそもホントなのかどうかも
    ちょっと怪しいような気がしますが…

    いずれにせよ、ご本人とご家族の間で
    何かしら解決していれば良いんですけどね。

コメント投稿

ご注意: 「Name」「Email」は必須項目です (メールアドレスは公開されません)

コメントのRSS