媚骨堂

次回の媚骨堂 | 媚骨堂について | 媚骨日誌 | CD「媚骨茶房」 | お問い合わせ | トップページへ戻る

 

「媚骨堂」は、音を楽しみ、音の中で何かを楽しむための、オールナイトのクラブイベントです。
音楽を聴き、音楽に踊り、音楽に感じ、音楽の中でおしゃべりをし、音楽の中で酒を呑み、音楽がそこにあるだけの場になればいいと考えています。それ以上のことは、特に考えていません。
音楽の流れる場所で週末を過ごしたい方は、ぜひお気軽にご来場ください!

+ + +

viva(ビバ):DJ
媚骨堂メンバーの中では最年少の『全く頼りにならない核弾頭』。
ただし選曲のセンスには唸らされるものがあり、「これどこで買ってきたの?てか、これ誰?」というようなヨーロッパのジャズを唐突に流したりして、周りを驚かせてくれます。あと、全く関係ないけど山崎邦正に似てます。

koda(コダ):DJ
ブッキングからサイト製作まで全て仕切る、媚骨堂リーダー(兼・宣伝部長)。タクロック.コムの人。
「ポップなものなら誰だって好きだろう」という(安易な)理念に基づいて、ジャンルにはこだわらず、伝わりやすさ・聴きやすさを重視した流れのミックスを心がけます。ちなみに、石田ゆり子とチョコレートがすごい好きです。

tsuka(ツカ):DJ
媚骨堂の良心(笑顔が)。
軽やかなステップでひとたびエレガントモードに入ったが最後、そこはツカ・ワールド。それでいて、流しているのはマッチョな80年代のヒップホップビートだったりするから侮れません。そして、ロン毛ではなく白タオルです。

yukikko(ゆきっこ):STAFF
持ち前の明るさと笑顔をもってメンバーのやる気を起こさせる、部活動のマネージャ的役割。
簡単なようでいてなかなか難しいイベント開催ではありますが、とりあえずゆきっこがとても楽しそうだったので、全員が「じゃ、やる?」みたいな雰囲気となり、現在に至ります。ある意味、いちばん偉いかもしれない。

chiekko(ちえっこ):STAFF
何を隠そう、『媚骨堂』命名者。
由比ガ浜のレストランでごはんを食べながら、「あっいい名前思いついた。ビバ・コダ・ツカだから『びこつどう』」
…ちえっこ女史によるこの(あまりにも何気ない)発言で、媚骨堂は結成されました。永遠の名誉会長。

 

+ + +

ご存知の方も多いとは思いますが、この「媚骨堂」のタイトルロゴは、3人組のポップグループ「風味堂」からインスパイアされています、というかモロに真似していますごめんなさい。

これはそもそも、僕らDJメンバー3人が風味堂をすごく好きで、(まさかイベントをやることになるとは思わずに)ロゴを真似して面白がっていたものをそのまま使ったものであり、悪意があってのものではありません。また、もちろん風味堂の曲が流れることはあると思いますが、風味堂ファンが集まるイベントではありませんのでご了承ください。

なお、トップページ上部のロゴは、リロード(更新)するたびに画像が切り替わるようになっています。意味があったりなかったりするこの画像、今後増えたり減ったり(あるいは、なくなったり)する可能性がありますが、気になる方のために、ここでご紹介します。

それでは、どうぞ!

 

[参考] 風味堂 Official WEB SITE

 

次回の媚骨堂 | 媚骨堂について | 媚骨日誌 | CD「媚骨茶房」 | お問い合わせ | トップページへ戻る