「だってこれ!大豆(もしくはVOODOO汁)ですから」レポート


(※メンバーたちが交代で担当した当日のエントランス表です。すごく不真面目!)


史上最高(ある意味で最低)の盛り上がりを見せたVOODOO汁6発目、ご来場ありがとうございました。

最初はフロアもだいぶおとなしくて、これまでになくスロースタートな雰囲気でしたが、中盤以降のフロアはあり得ないぐらい狂喜乱舞!胴上げしすぎてミラーボールが落下!というかつてない大惨事に発展したわけであります。みなさん口々に「出禁だ…」「出禁だなこれは…」とため息を漏らしたわけですが、それでもオトガメなしというタイヘン好意的なUNDERBARさん(ありがとうございました)のおかげさまをもちまして、イベントは無事大団円を迎えました。次回もやっていいそうです!やったぜ!(超迷惑)

今回はイベント後の2次会も久々に開催され、僕はその道中で左足のじん帯を損傷し、最後の最後まで呪われきった「こどもの日」となりました。それでは、そんな当日の呪われしレポートをどうぞ。

[文責:コダ・ザ・ブードゥー]



[映像・その1]
イベント開始3分前、集客がなかったら困るのでメンバー全員から2000円ずつ集金したところ、ドリンクチケットはつかないのかとガッカリするブードゥーの皆さん。スタッフの自覚とかは特にないみたいです

 


[映像・その2]
アツシ・ザ・ブードゥーによるイエローモンキー「楽園」で、歌詞のわからないところを適当にごまかして合唱するブードゥーの皆さん。ラララーと言っとけば何とかなることをこのイベントで学んだみたいです

 


[映像・その3]
ブードゥー人気曲のWeezer「Good Life」で、イエー!だけいつも元気なブードゥーの皆さん。ちなみに、全然関係ないけど「Good Life」のPVでピザを配達してるのは「24」のクロエです(豆知識)

 


[映像・その4]
岡村靖幸「Super Girl」のイントロに「岡村靖幸サイコー!」と歓声をあげるブードゥーの皆さんと、「捕まったぞー」という心無い野次に「黙れ!」とブースから一喝するイエ・ザ・ブードゥー(岡村ちゃん信者)

 


[映像・その5]
ここで唐突に串田アキラ「宇宙刑事ギャバン」が!なぜかバッチリ歌詞を覚えていて、腹の底から声を振り絞るブードゥーの皆さん。愛ってなんだ?そんなことは知らないよ

 


[映像・その6]
安室奈美恵「Don't Wanna Cry」で、どこへでも続く道はあることを悟ったブードゥーの皆さん。涙を流して聴き入っているのか、もう疲れてしまったのか、イントロで大騒ぎしたクセに随分おとなしくなってます

 


[映像・その7]
「それが大事」で、「これなんだっけ?」「大事MANブラザーズバンド」などと助け合うブードゥーの皆さん。アーティスト名を覚えきれないほどに彼らの音楽的知識は膨大なのか、もしくはただの馬鹿なのか

 


[映像・その8]
ここで真打ち、タツヤ・ザ・ブードゥーが登場!ブードゥーの皆さんによる「たっちゃーん!」とのドス黒い歓声が飛び交う中、「みんなへの応援ソングだよ!」とシャウトした彼がスピンした曲は、結局どのへんが応援だったのかよくわかりませんでした

 


[映像・その9]
しかしそのへんはやっぱりタツヤ・ザ・ブードゥー!ラストにはExtreme「More Than Words」をスピンし、会場を100円ライターの灯で満開に。ここで応援ソングって言っとけば良かったのに

 


[映像・その10]
いつしか人数も増え、フロアは大合唱に!すっかり歌詞も覚えて、ご満悦でゆらめくブードゥーの皆さん。しかし、この曲が流れると「第一部終了〜おつかれ〜」みたいな雰囲気になるのは何故なんでしょうか

 


[映像・その11]
ゴキゲンと失笑が渦巻く中、ユニコーン「おかしなふたり」を熱唱するブードゥーの皆さん。ということで、戦慄の第二部が幕を開けました。そういえば、まだミラーボールぶら下がってますね

 


[映像・その12]
しばしのインタールードから繰り出された米米CLUB「浪漫飛行」に異常な歓声をあげるブードゥーの皆さん。そして、受付をしていたツカ・ザ・ブードゥーが両手を挙げながらフロアへやってきました

 


[映像・その13]
いくつもの夜を語り明かした石井竜也とともに、いくつものノドをこの曲で枯らし明かしたブードゥーの皆さん

 


[映像・その14]
初参加!パッポン・ザ・ブードゥーのスピンしたおにゃん子クラブ「セーラー服を脱がさないで」に狂喜乱舞するブードゥーの皆さん。イントロの大騒ぎで満足したのか、曲が始まったら誰も歌ってません

 


[映像・その15]
本日のハイライトのひとつ(なぜか)、中山美穂「世界中の誰よりきっと」でまた大合唱なブードゥーの皆さん。この映像はフロアのど真ん中で撮ったんですが、もう何が何だかよくわかりません(泣

 


[映像・その16]
次々とキラーチューンを繰り出すパッポン・ザ・ブードゥー!広末涼子「MajiでKoiする5秒前」で、やっとワタシにきたチャンスを逃せないのとばかりに大騒ぎするブードゥーの皆さん。っていうか、チャンスもなにもさっきからずっと騒ぎっぱなしです

 


[映像・その17]
マツシタ・ザ・ブードゥーによる恒例の『お昼休ミックス』(「笑っていいとも!」のテーマ→「ごきげんよう」のテーマ)」に続きますは、「スクール・ウォーズ」でおなじみの麻倉未稀「HERO」!もはや単なるどんちゃん騒ぎにしか見えないブードゥーの皆さん

 


[映像・その18]
こちらも初登場!のシノハラ・ザ・ブードゥーは、ジュディマリ「Over Drive」でフロア(主に女子)をロック!ブードゥー史上かつてない「女の子たちの合唱」という光景に、どうしていいかわからずおとなしくなるブードゥーの皆さんは第三次思春期なのでしょうか

 


[映像・その19]
続くすかんち「恋のマジックポーション」で、もう何かよくわかんないけどたぶん盛り上がってるブードゥーの皆さん。合間にちゃんと「ダウンタウンー!」と合いの手を入れるあたりはさすがです

 


[映像・その20]
ハイライト!ヨシト・ザ・ブードゥーがスピンしたBon Jovi「Living On A Prayer」で、ついに拳を振り上げて立ち上がったブードゥーの皆さん。つうか、この人たち社会人としてやっていけてるのでしょうか

 


[映像・その21]
奇才、オガワ・ザ・ブードゥー(こちらも初参加)のスピンする福山雅治「Hello」出所がさっぱりわからないリミックスで、狂喜乱舞すら超えて軽くトリップ状態になってしまったブードゥーの皆さん。
しかし…あれ?どうも暗いなあ?と思ったら、ミラーボールがなくなっています

 


[映像・その22]
イベントも大詰めとなり、部長・ザ・ブードゥーが登場!イントロで何度も音を止められ、シビレを切らして「もういいよ!」とツッコミを入れてしまうブードゥーの皆さん。今風にいうと超KY〜!(得意げに

 


[映像・その23]
ほとばしる汗も世界にひとつだけのパールとでも言いたげに、B'z「Lady Navigation」で熱くなるブードゥーの皆さん。「フレーッシュ!」と絶叫してますが、ユー・ザ・ロックのファンによるイベントではないです

 


[映像・その24]
くるりの「ワンダーフォーゲル」で、ハローもグッバイもサンキューも言わなくなってしまったブードゥーの皆さん。頑張れ!ゴールはあとちょっとだッ!!!!!!!(鼻くそほじりながら

 


[映像・その25]
コダ・ザ・ブードゥーによる楠瀬誠志郎「ほっとけないよ」で、ほっとけない感じになってしまったブードゥーの皆さん。でも、ほっとくとすごく危険なのはあなたたちです

 


[映像・その26]
今回のVOODOO汁もとうとうエンディング。サンボマスター「そのぬくもりに用がある」で、最後の声を振り絞るブードゥーの皆さん。イントロにFatboy Slim「The Rockafeller Skank」をミックスしただけのバージョンを前々回から毎回流してるにもかかわらず、誰ひとりとして気づいてくれないので大変助かります

 


[映像・その27]
アイ!アイ!アイ!アイ!アイ!アイ!アイ!アイ!アイ!アイ!アイ!アイ!ア(略
(このあと、いつもどおりoasis「Whatever」が流れて大団円を迎えます)

 


というわけで、今回もブードゥーの皆さんの底知れぬパワーが十二分に発揮された一夜となりました。
みんな最高!お前らに乾杯!!!!!!!!!!!!!!(あくびしながら
 

この日に配ったミックスCDのリストはこちら
(当日ゲットできなかった方で、欲しい方はご連絡下さい)


文責: koda (タクロック.コム)